あっ!蓮華草が消えた!田越し開始♪

何か?農機具の音がするなーとは、思っていたりおら女将でしたが、

お客様の送り出しをして・・・・・!

『あっ!蓮華草が消える・・・!!』

隣りの田んぼの蓮華草が・・・・・・消えた・・・・・

田起こしが始まりました・・・♪ 田起こしとは、春、田植えの準備のため、

田を鋤(す)きかえすこと、田を打つことのことであり、これを3回くらい行うそうです。

昔は、牛や馬を使ってしていたが、現在では写真のようにトラクターで行っている。

関東では、田打ちと呼ぶと思ったが、この鹿児島の地方では田起こしと呼ぶそうです。

蓮華草は、昔から水田の緑肥として広く栽培され、春の風物詩であった。

化学肥料が普及するにしたがって、水田一面に生育する風景は少なくなったが、

当地では、再び見直されつつあるように思う。

 GWまで、置いて欲しかったが、それではやはり田起こしが間に合わないのでしょう。

また、来年いっぱい蓮華草の種を撒いてもらえるように

松崎さんのおじさんに頼むことにしたりおら女将でした。

『松崎さん、来年も綺麗な蓮華草を咲かせてね! 

種まき、りおら女将も手伝います!』

2012.04.24

最近の記事
アーカイブ

[RSS]
[XML]

予約をする

  • 施設のご案内
  • 予約のご案内
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

このページのTOPへ